想定できる質問は面接前に準備しておこう

今の時代はとても就職するには厳しい時代と言われています。

面接を受ける際の目線の工夫

想定できる質問は面接前に準備しておこう 今の時代はとても就職するには厳しい時代と言われています。そのため、学生は何社も企業を回り求人に応募をして面接を受けることになります。その為、面接試験の練習は大学でも行われることが多く、個人でも友達同士で面接試験を想定して入室から質問に対する受け答えに退出までと、様々な対策をできるだけしていきます。そんな時の基本マナーとして、面接の時ははきはきと受け答えをするといったことや、背筋を伸ばして座るといったことや、笑顔を交えながら答えるなどあります。ですが、その中のポイントとして実は目線があります。

面接官の質問を聞いている時など、目をまっすぐ見て質問に耳を傾けて、まっすぐ答えを伝えることがマナーとなります。ですが、実は目線はたまに外すことがよい印象を与えることができます。例えば質問を聞いている時はまっすぐ面接官の目を見ますが、自分が答えるまえに少し目線を横や上にそらせたあと質問に答えます。すると面接官は自然と目線をそらしたしぐさから、質問に対してしっかり考えて答えているという印象を持つからです。まっすぐ目線を外さす見つめることもよいですが、あまり目を見たままでは面接官がつかれてしまい、逆に威圧的だなといった印象や圧迫感を与えてしまうことがあるので、適度に目線を外すことをするのがコツです。

おすすめ!



Copyright(c) 2019 想定できる質問は面接前に準備しておこう All Rights Reserved.