想定できる質問は面接前に準備しておこう

就職活動をする際に、新卒の学生でも転職をする社会人でも事前の準備というものはとても大切です。

面接の質問に否定的な回答は避けよう

想定できる質問は面接前に準備しておこう 就職活動をする際に、新卒の学生でも転職をする社会人でも事前の準備というものはとても大切です。その中で面接試験の対策などは、しっかりしておくことでトラブルなどにも適切に対応でき、面接の時に慌てずに済みます。そんな面接試験で重要な事は、質問に対してテキパキと答えられるかどうかです。質問に答えられず口ごもってしまったり、しどろもどろな答えになってしまうのは印象はよくありません。その為、面接試験を受ける前には事前に質問の内容を想定して練習しておくのがおススメです。

そんな質問の受け答えのなかで、避けるべきポイントがあります。それは質問に対して否定的な答えを言う事です。例えば残業はできますかという質問なのに対して、できませんと理由も述べず否定するといった事です。だれでも残業はしたくないと考えますが、それに対して素直にできないという答えは間違ってはいませんが面接試験での答えとしては控えるべきポイントです。答え方としては残業にならないように仕事を調整しますといった答えや、仕事の内容によって残業すべきかどうか判断してから行いますといった答えが適しています。頭から否定するのではなく、残業に対して自分自身でどのように対策するのかを含めると良い答えとなります。

おすすめ!



Copyright(c) 2019 想定できる質問は面接前に準備しておこう All Rights Reserved.